プログラマのフリーランスのアプローチ

プログラマの強みはシステムやプログラム等を自分の力で作り上げることができるということです。この強みを生かすことがフリーランスをして成功へとつなげるために必要な考え方になります。

IT業界でフリーランスをする基本的な形として、企業から募集されている仕事を請け負い、それを達成することによって報酬を受け取るというものあります。システム開発から既存のプログラムの維持やアップデート、ソフトウェアやアプリの開発まで幅広く担える潜在能力があるため、そのスキルの伸ばし方次第で職能を最大限に発揮できるのがプログラマのメリットです。

一方で、フリーランスをする方法としてもう1つの方向性があります。よりビジネス性を考え、個人でプログラムやソフトウェア、アプリ等を開発し、それを公開したり企業に売り込んだりして収入を得るというものです。ニーズから来る要求が先にあるか、ニーズを見越して供給するが先にあるかの違いであり、成功した際により高収入を期待できるのはニーズを見越して開発した場合となるでしょう。ただし、それを売り込むためのビジネストークの能力であったり、公開に際して適切な宣伝と価格設定を行ったりするビジネス面での能力が要求されることになります。

こういった2つのアプローチは並行して行っていくことも可能です。特にニーズを見越した開発事業はベンチャービジネスへの展開の可能性も秘めており、将来の道を広げるものとなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>